楽ゆる式◎セラピスト塾

根っこから体調がよくなる整体セラピーのヒント。心と体、魂のツボ。

コミュニケーション

記憶に残す3つのポイント

「永井先生は、施術の会話では、 どんなことを意識していますか?」 そんなご質問を頂きました。 (ありがとうございます) 大事にしていることはいくつかありますが、 今回は「3つのポイント」に絞って、 お伝えします。

弱いところ、ちゃんと見せてる?

あなたは、 弱いところを、ちゃんと見せてる? ……特に、 「一番、カッコつけたい相手」に対して。

人が離れる4つの理由

「どうしたら、相手の大事な存在になって、 通ってもらえるでしょうか?」 「コロナみたいなピンチがあっても 揺らがない仕事をするには、どうしたらいいの?」 「なぜ永井先生は、いつ見ても 楽しそうにしてるんですか?」 ……これら3つの質問に、 スッパリ…

ぼくらは「治す人」ではない

「ぼくら教師の理想は、 教師がいなくても大丈夫な生徒になってもらうことだよ」 (教育のプロ)

健康法や施術が効かない理由と対策

「よく知らない人からのアドバイスは、いらないもの。 よく知ってる人からのアドバイスは、内容次第。 信頼してる人からのアドバイスは、スイスイ消化する」 (心理学より)

「上手に話す」必要なんて、ないよ。

「私たちは『話し上手』になりがたるが、 いざ目の前にそれが現れると、疑惑の目で見る」 (無名) ■「話し上手」が色々うまくいく…… って、ほんと? ■「話し上手な美容師さん」のしんどさ ■会話において本当に大切なこと ■目的に沿った話をするには?(具体…

効くはずのテクニックが効かない理由……第1位とは?

「あんなにすごい先生に教わったのに……」 同じテクニックを習っても、 効果を出せる人と、出せない人の差は、ある。 3倍ぐらいの開きが、あたりまえのように、出ます。 どうしてでしょう? 理由の1位は「力み」です。 それが大切な回復力を「封印してしま…

「苦手な患者さん」がいなくなり、集客力が2倍になる方法

「ハンバーグが入ったピーマンなら、 ぼく、全然平気だよ」 (5才 ヤンチャぼうず) 「苦手な人」の正体は、 「どう対応していいかわからない(だけの)人」です。 対応がわかれば、苦手意識やストレスは消える。 そして、その対応力って、なぜかお客さんに…

理想の整体師の正体とは?

「19年、毎週かよってたマッサージ、 行かなくてすみました……2ヶ月もですよ、先生っ!」 昨日、こんなこと言われました。 そりゃあ、うれしかったでしょうねー! ぼくもうれしくなりますわぁ。 なぜ、こんなハッピーが起きたんでしょうか?

ツボは「押すもの」だと思ってませんか?

「あのさ、そんなに歯ぁ食いしばって、押し込んでさ。 ……ツボって、お前の敵なのか?」 (指圧の達人)

みんなが結局、好きなのは?

「先生って、いつも楽しそうですね!」 (毎回参加してくれる生徒さん)

病気さえ治ってしまう人には、何が起きているか。

「どこを見ているか。何を意識しているか。 治療のスキルは、そのあとの話でしかないよ」 (氣の達人)

小顔&美顔ケアの1番のポイント(スキル動画あり)

「顔ってのは水源のかたまりなんだよ」 (美顔の達人)

上からでも、下からでもなく。

お客さんを大切にしたいなら、対等でいよう。

まずはこの1つだけ! 幸せに働き続けるための最大のコツ

「もちろんさ、お前だけ幸せじゃあ、ダメだよ? でもさ、お前の幸せが犠牲になってることなんて、続かないでしょ?」 (死ぬほど合理的な整体師)

「また会いたいな」と思う先生、思えない先生。

「お前の技術がどれぐらい高いかなんて、 お客さんにわかるわけじゃないじゃん」 (指名率ダントツの先輩 整体師)

「ねぇ、私、何を喜んだらいいの?」 と彼女は言った

「たとえば血圧が98ってだけ言われても、え……標準値は?って思うだろ? お前は骨盤を整えるとか言ってるけど、 お客さんに標準値が伝わってるって、言えるか?」 (腕もいいし深いことは言うけど、ドヤ顔が目立つ先輩)

人気記事ランキング Best 7

整体師は、ワザがなければ生きていけない。やさしくなければ、生きている価値がない。 (ハードボイルド整体師)

お客さんの本音が見えてくる、魔法の質問

「どのあたりが、何をしたときに辛くなるんですか?」 この質問は、多くを教えてくれます。「どこが辛いんですか?」とは、大きく違う。どうしてでしょうか?

売り込みゼロなのに集客できる5つの秘密

「独立の最大の壁は、集客とか売り込みができないことって 言われてるけどさ……売り込みなんかしなきゃいいんだよ」 (達人整体師)

【心体.62】わかりやすさは、やさしさのはじまり。

「ぼくたちは、目に見えないものを売っている。 決して、忘れてはいけない」 (達人整体師)